TOPページ

メニュー

立原位貫 木版画展 特別講演


2019年 824日 (土) 11:00開演(木版画展は9:00より開催)

演目
仕舞「小袖曽我」

林彩子

林小梅

おはなし

樹下千慧

能「経正」

林宗一郎

有松遼一

会場
真言宗御室派 総本山 仁和寺
料金
御殿拝観料:¥500 御殿拝観料・中学生以下:¥300

立原 位貫(たちはら いぬき):

1951年、名古屋生まれ。ジャズのサックス奏者として活動していた25歳の時、一枚の浮世絵と出会い、感銘を受けて転身。以来、江戸時代と同じ手法、絵の具、紙を独学で研究・再現し、それらを使い浮世絵の復刻を成し遂げた唯一の木版画家。2015年7月、惜しまれながらこの世を去る。

 

今回は、仁和寺・白書院にて立原位貫の浮世絵コレクション数点を展示、同時に一昨年の台風で破損、修理中の宸殿も見学して頂き、文化財修復の重要性を理解して頂く事を目的に行われます。また、収益の一部は宸殿屋根の修理費用として寄付されます。

*白書院:仁和寺・宸殿南庭の西側に建立。襖絵などは、1937年に福永晴帆画伯による松の絵が部屋全体に描かれている。

主催:真言宗御室派 総本山 仁和寺


この公演は終了いたしました。


公演予定に戻る 公演予定に戻る

能を知る

上に戻る