殺生石in真如堂

  • img012
  • img013

2018年 1118日 (日) 13:00開演

演目
真如堂 第五十五世貫主奥村慶淳大僧正のお話 舞囃子「東北」

シテ:松野浩行

囃子:笛/大野誠 小鼓/曽和鼓堂 大鼓/亀井広忠

地謡:河村晴久 河村和貴 河村和晃 河村浩太郎

能「殺生石」

シテ:林宗一郎

ワキ:有松遼一

間狂言:茂山忠三郎

囃子:笛/大野誠 小鼓/曽和鼓堂 大鼓/亀井広忠 太鼓/前川光長

後見:味方團 河村浩太郎

地謡:河村和重 河村晴久 田茂意廣道 河村和貴 河村和晃 樹下千慧

 

<真如堂と殺生石の関わり>

昔、鳥羽の院の時代に玉藻の前という宮廷女官がいた。

鳥羽の院の寵愛を受けたが狐の化け物である事を見破られ、那須野の原まで逃げたがついに討たれてしまう。

その魂は巨石に取り憑き、近づく生き物を殺す「殺生石」となった。

それを聞いた玄翁禅師が浄化の為に石を割り、地蔵菩薩として鎌倉に安置、この地蔵菩薩が真如堂に遷座し現在に至ります。

 

会場
真如堂<真正極楽寺>
料金
¥5,000

 

[真如堂とは]

正式には鈴聲山(れいしょうざん)真正極楽寺(しんしょうごくらくじ)といい、比叡山延暦寺を本山とする天台宗のお寺です。

真如堂は元々は本堂の呼び名でした。本堂は元禄6年、1693年から1717年にかけての建立で、本堂正面の宮殿の中には、御本尊である阿弥陀如来・不動明王・千手観音がお祀りされています。

*最寄りのバス停は白川通沿い「真如堂前」になります。

*駐車場には限りがございます。公共交通機関を使ってお越しください。

 

この公演は終了いたしました。

能を知る

公演予定Performances scheduled

公演-EVENT PROGRAM-

林宗一郎がシテを勤める公演、企画から参加している公演の出演情報です。Here is the information on performances Soichiro Hayashi plays “Shite” (the lead role) or takes part in producing.

  • 現在予定はございません。

「京都観世会」、「林定期能楽会」が主催する年間定例公演の出演情報です。"Here is Soichiro's performance information on the regular performances hosted by various Nohgaku Associations
such as Kyoto Kanze Association and Hayashi Nohgaku Association."

能舞台以外での公演、能についての講座・レクチャー、イベント・祭りなどへの出演情報です。"Here is Soichiro's appearance information on other performances, lectures, and events besides Noh performances."

上に戻る