みみききプログラム #2素謡の会「鉢木」

  • 5e2dc446da3389b4d3a295a936d39d7b
  • DSC04463

2018年 125日 (木) 19:00開演(18:00受付開始、18:30開場)

演目
能「鉢木」
シテ 林宗一郎
ツレ 味方團
ワキ 河村晴道
ワキツレ 田茂井廣道
アイ 茂山逸平
小鼓 曽和鼓堂
狂言「盆山」

シテ 茂山逸平
アド 島田洋海

会場
京都芸術センター 大広間(待合:講堂)
料金
当日:¥1,800

謡が響く冬の夜、武士の精神を描き出す



京都芸術センターで継続して開催している人気企画、「明倫レコード倶楽部」、「素謡の会」、「Kyo×Kyo Today」。今年度は音色に耳を傾ける「みみきき(耳利き)プログラム」として、シリーズ化し開催します。プログラムの共通テーマは「冬」。ジャンルも手法も異なる三つの響きが、それぞれの冬を表現します。

素謡の会は、2005年から始まった、京都を中心に活躍する能楽師による「素謡」を上演する会です。謡(うたい)とは、能の詞章(台詞や歌謡)のこと。素謡(すうたい)は、能の一曲を所作を伴わず、座した状態で表現する上演形式を指します。今回取り上げる謡曲は、『鉢木(はちのき)』。寒い冬の夜を背景に、武士の精神性を描き出す一曲です。


また、待合では、盆栽研究家の川﨑仁美さんにプロデュースいただき、謡曲の内容にちなんだ盆栽をお楽しみいただきます。

この公演は終了いたしました。

能を知る

公演予定Performances scheduled

「京都観世会」、「林定期能楽会」が主催する年間定例公演の出演情報です。"Here is Soichiro's performance information on the regular performances hosted by various Nohgaku Associations
such as Kyoto Kanze Association and Hayashi Nohgaku Association."

上に戻る