吉備津宮 きびつのみやKibitsunomiya

  • Kibitsu_Kyoto_FlierA4_171120_7fix
  • Kibitsu_Kyoto_FlierA4_171120_7fix2

2018年 212日 (月) 14:00開演(開場13:00)

演目
おはなし

松岡心平 × 林宗一郎

能「吉備津宮」 Non “Kibitsunimiya”

シテ(老人の地に岩山神):林宗一郎

ツレ(若い男):大槻裕一

ワキ(天皇の勅使):福王知登

ワキツレ(従者):是川正彦 中村宜成

アイ(神職):田賀屋夙生

アイ(阿曽女):島田洋海

 

Shite:Soichiro Hayashi

Tsure:Yuichi Ootsuki

Waki:Tomotada Hukuou

Wakitsure:Masahiko Korekawa   Gijyo Nakamura

Ai:Hayao Tagaya

AI:Hiromi Shimada

会場
京都観世会館 Kyoto Kanze Kaikan
料金
S席(正面指定席):¥7,000 A席(脇正面指定席):¥5,000 B席(中正面指定席):¥4,000 自由席(2F) :¥2,000 Seat S: ¥7,000 SeatA : ¥5,000 SeatB : ¥4,000 2F Seat : ¥2,000

桃太郎伝説の原型とも言われる幻の能「吉備津宮」。

数々の能楽作品の復曲を手がけてこられた東京大学教授の松岡心平先生監修のもと、3年の年月を経て数百年ぶりに復曲致しました。

2017年5月に岡山・後楽園にて初演を果たし、今回初めて岡山の地をはなれ京都にて上演させていただくこととなりました。

各地の歴史文化をいまに伝える能楽の叡智を感じて頂ける作品です。

ぜひご覧ください。

この公演は終了いたしました。

能を知る

公演予定Performances scheduled

能舞台以外での公演、能についての講座・レクチャー、イベント・祭りなどへの出演情報です。"Here is Soichiro's appearance information on other performances, lectures, and events besides Noh performances."

上に戻る