京都観世会六月例会

  • reikai6_omote
  • reikai6_ura

2017年 625日 (日) 11:00開演(開場10:00)

演目
能「俊寛」 Noh「Shunkan」

シテ:観世銕之丞

shite: Tetsunojyo Kanze

狂言「薩摩守」 Kyogen「Satsumanokami」

シテ:茂山七五三

shite:Shime Shigeyama

能「水無月祓」 Noh「minatsukibarae」

シテ:河村 晴久

Shite:Haruhisa Kawamura

能「邯鄲」 Noh「Kantan」

シテ:橋本擴三郎

Shite:Kouzaburo Hashimoto

会場
京都観世会館 Kyoto Kanze Kaikan
料金
前売券(1F当日指定席)¥6,000 当日券(1F当日指定席)¥6,500 学生券(2F自由席)¥3,000 Advance(1F) ¥6,000 At the Door(1F) ¥6,500 Students(Second floor free seat) ¥3,000

・林宗一郎は能「水無月祓」の地謡にての出演となります。

・座席券は当日10:00より先着順にての引換えとなっております。事前の座席指定はしておりませんのでご注意ください。

・許可なき写真撮影・録音・録画はお断り致します。

・場内では携帯電話等の呼出し音をお切りください。

・東隣に有料駐車場がございます。(最大料金の設定はされていませんのでご注意ください。) ・Soichiro Hayashi will perform as "Jiutai" in Noh"Minatsukibarae".

・You will be assigned your seat number with your tickets presented at the    reception on a first come first served basis starting from 10 A.M. on the day. Please be aware that there is no reserved seating.

・Taking photos, sound recording or video recording without permission are prohibited.

・Please turn off your cell phone or any type of alarm in the theatre.

・Parking is located in the east side of the hall. (Please be aware that there is no fixed maximum fee.)

能「俊寛」
12世紀に実在した僧。時の権力者、平清盛の一門討伐の密議に加わった罪で、鬼界ヶ島へと配流された。能のストーリーは、鬼界ヶ島へと配流された後の話となる。
俊寛と共に流罪となった成経(なりつね)・康頼(やすより)の3人は、水を酒に見立て、共に今の境遇を嘆きながら暮らしている。
そこに、平清盛の娘で中宮となった徳子の御安産の祈祷の大赦があった。赦免使が島に到着し、赦免状を示すと、そこに俊寛の名前だけがない。
赦免された二人を乗せ、取り乱し追いすがる俊寛を無情にも残し、赦免使は舟を出す。
取り残された俊寛の絶望、哀れさ、人間の弱さを印象させる演目となっている。

能「邯鄲」
中国の故事を題材にした人気曲。
盧生は尊い仏道の師を求める旅の途中、邯鄲の里で宿の女主人より不思議な枕を借りて、粟のご飯が炊けるまでの間、床に就く。
しかし不思議な事に、起こした相手は勅使、盧生は王位を継いで玉座につくのだった。
そして盧生は50年の栄華を過ごし、宮殿では在位50年の祝宴が催される。
盧生は自ら舞い、栄耀栄華の極みを謡う。しかしそれはすべて夢、気づけば女主人が粟飯が炊けたと起こしにきている。
それは食事ができるまでの「一炊の夢」だった。
栄枯盛衰は所詮夢にすぎないと悟った盧生は、心穏やかに故郷に帰っていくのだった。
ちなみに邯鄲の里とは中国の戦国時代の趙の都市であり、現河北省南部に位置している。



Noh “Shunkan”

A priest who actually existed in the 12th century.
He was exiled to Kikaigashima Island on a charge of participating in a secret conference to destroy a clan of Taira no Kiyomori, an authority at that time. The plot of this Noh is based on the story after Shunkan was exiled to Kikaigashima.

The three people, Shunkan, Naritsune and Yasuyori, who were exiled with him, use water to resemble sake and live together deploring their current circumstances.

Meanwhile, there was an amnesty granted due to a prayer for a safe delivery for Taira no Kiyomori’s daughter, Tokuko, who became an empress.

A messenger arrives on the island and shows the letter of amnesty; however, only Shunkan’s name is not there. The messenger departs from the ship with the two who were granted amnesty, cruelly leaving Shunkan who is in a panic and begs.

This is a performance which provides the impression of left-behind Shunkan’s desperation, pity and humanity’s weakness.

この公演は終了いたしました。

能を知る

公演予定Performances scheduled

公演-EVENT PROGRAM-

林宗一郎がシテを勤める公演、企画から参加している公演の出演情報です。Here is the information on performances Soichiro Hayashi plays “Shite” (the lead role) or takes part in producing.

「京都観世会」、「林定期能楽会」が主催する年間定例公演の出演情報です。"Here is Soichiro's performance information on the regular performances hosted by various Nohgaku Associations
such as Kyoto Kanze Association and Hayashi Nohgaku Association."

能舞台以外での公演、能についての講座・レクチャー、イベント・祭りなどへの出演情報です。"Here is Soichiro's appearance information on other performances, lectures, and events besides Noh performances."

上に戻る