多武峰 談山能 TANZANNOH

  • 92k8er945c83i838283efos205b20175d
  • 92k8er945c83e8389205b20175d0308

2017年 522日 (月) 13:30開演(開場13:00)

演目
修祓儀式 玉串奉納   千田稔 宮司挨拶   長岡千尋 素謡「神歌」

片山九郎右衛門

仕舞「自然居士」

上田拓司

仕舞「松風」

赤松禎友

能「杜若」

大槻文藏

堂内解説 閉会
会場
多武峰談山神社(とうのみねたんざんじんじゃ)権殿
料金
¥10,000:ブロック指定・自由席 *当日の入山料を含みます。

・林宗一郎は、素謡「神歌」、仕舞「松風」、能「杜若」の地謡にての出演となります。

・終了は15:30を予定致しております。

・談山神社へのアクセスはこちらのページをご覧下さい。

http://tanzan.or.jp/access/

・多武峰談山能の詳細につきましては公式ホームページをご覧下さい。

http://ren-produce.com/tanzan-noh.html

【主催】多武峰談山能伝承会

【協力】多武峰談山神社、桜井市観光協会、伝統文化プロデュース連

【制作】ダンスウエスト 【協賛】株式会社岡三証券グループ

 

「談山能(たんざんのう)」とは、能楽を大成した観阿弥・世阿弥の本拠地として大切にされてきた、奈良県桜井市にある談山神社(旧・妙楽寺)にて奉納される演能の企画です。

2012年から2016年までの計5回の「談山能」公演では、毎年、全国から錚々たる能楽師が集結し、26世観世宗家観世清和氏の監修による神社所有の「摩多羅神面」を使用した多武峰式「翁」とともに、同じく神社所有の面を用いた様々な能楽が奉納されました。

本年より新シリーズの「談山能」がスタートします。
「平成29年 談山能」では、片山九郎右衛門師による天下泰平・国土安穏を祈る寿ぎの素謡「神歌」、昨年人間国宝の認定を受けられました大槻文藏師による能「杜若」が奉納されます。

芸能の原点を見つめ直す、当代きっての配役による歴史的な演能の場に、ぜひお越しください。

この公演は終了いたしました。

能を知る

公演予定Performances scheduled

公演-EVENT PROGRAM-

林宗一郎がシテを勤める公演、企画から参加している公演の出演情報です。Here is the information on performances Soichiro Hayashi plays “Shite” (the lead role) or takes part in producing.

「京都観世会」、「林定期能楽会」が主催する年間定例公演の出演情報です。"Here is Soichiro's performance information on the regular performances hosted by various Nohgaku Associations
such as Kyoto Kanze Association and Hayashi Nohgaku Association."

能舞台以外での公演、能についての講座・レクチャー、イベント・祭りなどへの出演情報です。"Here is Soichiro's appearance information on other performances, lectures, and events besides Noh performances."

上に戻る