東アジア文化都市2017京都 開幕式典

  • 表面
  • 裏面

2017年 218日 (土) 13:00-17:30(受付け12:30)

演目

2017年、京都市は1年間をかけて「東アジア文化都市 2017京都」を開催します。

この文化交流イベントの開幕式典「東アジアが鼓動する」が2月18日、ロームシアター京都にて行われます。

林宗一郎は現代美術家「ヤマガミユキヒロ」と共に「no play-TAMURA-」で出演致します。

 

 

 

オープニング

京都市交響楽団によるオープニング演奏

 

 

 

日中韓文化交流公演 「noh play-TAMURA-」

ヤマガミユキヒロ(現代美術)

前シテ:林宗一郎

後シテ:浦田保親

ワキ:有松遼一

笛:竹市学

小鼓:曽和鼓堂

大鼓:河村大

太鼓:前川光範

地謡:浦田保浩、片山伸吾、橋本光史、大江信行、

田茂井廣道、深野貴彦、宮本茂樹、河村和貴

 

 

 

日中韓文化交流公演 中国

長沙市から来日する芸能団による公演

 

日中韓文化交流公演 韓国

大邱広域市から来日する芸能団による公演

「くるり」開幕記念コンサート

 

 

 

 

会場
ロームシアター京都
料金
入場無料(事前申込み制)

・募集締め切りは1月31日、抽選になっています。

・応募方法は電話(京都いつでもコール)、FAXです。

 

2017年、京都市は中国長沙市(ちょうさし)、韓国大邱(てぐ)広域市と共に「東アジア文化都市」として、1年間を通じて多彩な文化イベントや交流事業を開催し、東アジアの友好を深めていきます。





「no play-TAMURA-」
ヤマガミユキヒロの絵と能「田村」のコラボレーション。
「清水寺縁起」を典拠とした能「田村」は、桜の盛りの清水寺が舞台。
童子(前シテ)が現れ、旅の僧に清水寺の縁起を語り、あたりの名所を教える。南に見える清閑寺、その向こうに今熊野、北から聞こえる鐘は霊山寺、と月の光の下、春の一刻を慈しむ。しかし、この童子は実は坂上田村麿の霊(後シテ)。後半では田村麿が武将姿で現れ、数千騎の敵勢を千手観世音の御力で討った場を語り、観世音の御力を賛美して消えて行く。(20分)

この公演は終了いたしました。

能を知る

公演予定Performances scheduled

公演-EVENT PROGRAM-

林宗一郎がシテを勤める公演、企画から参加している公演の出演情報です。Here is the information on performances Soichiro Hayashi plays “Shite” (the lead role) or takes part in producing.

上に戻る