TOPページ

メニュー

KYOTO de petit能「橋弁慶」


2022年 422日 (金) 19:00-20:30(開場18:00)

演目
ごあいさつとおはなし 能「橋弁慶」

(シテ:武蔵坊弁慶)松野 浩行

(トモ:従者)寺澤 拓海

(子方:牛若丸)林 小梅

(間狂言:)

(囃子方)杉 信太朗(笛)成田 奏(小鼓)河村 凜太郎(大鼓)

(後見)林宗一郎 田茂井廣道

(地謡)浦田 保浩 味方 團 深野 貴彦 橋本 忠樹 林本 大

会場
京都観世会館
料金
1F全席指定:¥3,000 2F全席指定:¥2,000 高校生以下無料(限定50名) 大学生:1F/2Fともに¥1,000引

*チラシ掲載の方、もう少々お待ちください。

*チケットをご予約されるお客様へ:
自動返信が届きましたら、林能楽会からのメールを待たず、すぐにチケット代金のお振込みをお願いします。尚、自動返信メール到着後、1週間以内にお振込みがない場合は予約をキャンセル致しますのでお気をつけください。

◾️お振込み先はこちら

*昨年度より振込先が変わっています!お気をつけください!

①京都信用金庫 下鴨支店(064) 普通3014170  株式会社 唐紅

②三菱UFJ銀行 聖護院支店(445) 普通0197058 株式会社 唐紅 ■4月のpetit能は。
牛若丸(後の源義経)と弁慶の出会いを描く能、橋弁慶。
夜更けに五条大橋に出没する少年は、まるで蝶や鳥のように身軽に斬りつけてくるという。
この話を従者から聞いた弁慶は、自分が退治しようと五条の橋へ赴きます。
対して牛若丸は、母親の言いつけで明日には寺へ戻る身、今宵が最後と月の出を待ちます。
そして出会う二人。

非常に有名な五条大橋でのお話ですが、能「橋弁慶」では、橋の上で人斬りをしているのは弁慶ではなく牛若丸です。
また、牛若丸は「子方」と呼ばれる子どもが役を務めます。
今回は意外にも「橋弁慶」のシテが初という松野浩行が、林小梅と共にお届けします。お楽しみに!

petit能2022始まりは「橋弁慶」!


この公演は終了いたしました。


公演予定に戻る 公演予定に戻る

能を知る

上に戻る