第七回 雲母薪能 「山姥」Kirara Takagi NOH

  • img180
  • img181

2019年 104日 (金) 17:00開演(開場16:30)

演目
おはなし

田茂井廣道

能「山姥 白頭」

シテ(里女 後に山姥):林宗一郎

ツレ(百万山姥):樹下千慧

ワキ(従者):小林努

アイ(里人):茂山忠三郎

後見:味方團、松野浩行

 

会場
修学院きらら山荘内 豊響殿能舞台 Kansai Seminar House
料金
自由席(定員100名):¥3,000 協賛指定席:¥10,000

これまで6回の開催を重ねてまいりました「薪能」。
次回、令和元年の開催は、その名称を「雲母薪能」に変更いたしました。
「雲母(きらら)」は、修学院から比叡山まで続く「雲母坂」、登山口前にかかる「雲母橋」地元でも馴染みのある名称であります。今後、新たに「雲母薪能」としてこの土地に永く根付き、親しみのある薪能として開催できることを願っております。

*協賛指定席のお客様は以下の特典がございます。

●15:30~16:10 「林宗一郎による事前講座」の参加

●指定席の用意

*当日のご宿泊も承っております。併せてご利用ください。

関西セミナーハウス・修学院きらら山荘
https://www.kansai-seminarhouse.com

*当日雨天の場合は、室内での蝋燭能にさせて頂きます事ご了承ください。

*会場へのアクセスにつきましてはチラシの方をご確認ください。

*会場が山の麓となっておりますので、寒さの方が予想されます。防寒具のご用意をお願い致します。

 

  あらすじ

山姥(やまんば)の山廻りの曲舞をつくり、人気を博した百萬山姥という遊女が都にいました。

ある時遊女は善光寺参詣を志し旅に出ます。

その途中で、越中・越後の国境にある境川に至り、そこから上路山を徒歩で越えようとしますが、急に日が暮れてしまいます。

一同が困り果てているところに女が現れて、一夜の宿を貸そうと申し出てきました。庵に一同を案内した女性は真の山姥であることを明かし、自分を題材にして名声を得た山姥の曲舞を一節謡ってほしい、日を暮れさせて庵に連れてきたのもそのためだと訴えます。

遊女が恐ろしくなって謡おうとすると、女は押し止め、今宵の月の上がった夜半に謡ってくれるなら、真の姿を現して舞おうと告げて消えてしまいます。

夜が更け、遊女が舞曲を奏でつつ待っていると、山姥が姿を現します。

深山幽谷に日々を送る山姥の境涯を語り、仏法の深遠な哲理を説き、さらに真の山廻りの様子を表して舞ううちに、山姥の姿は見えなくなりました。

この公演は終了いたしました。

能を知る

公演予定Performances scheduled

公演-EVENT PROGRAM-

林宗一郎がシテを勤める公演、企画から参加している公演の出演情報です。Here is the information on performances Soichiro Hayashi plays “Shite” (the lead role) or takes part in producing.

能舞台以外での公演、能についての講座・レクチャー、イベント・祭りなどへの出演情報です。"Here is Soichiro's appearance information on other performances, lectures, and events besides Noh performances."

上に戻る