奉納 御大礼 糺能

  • tadasunou2019_a4c_0402
  • tadasunou2019_a4c_0402_ura

2019年 520日 (月) 18:00開演(開場17:15)

演目
居囃子「神歌」

浦田 保浩

浦田 親良

笛:杉 市和

小鼓:大倉 源次郎

仕舞「大典」

大槻 文藏

おはなし 能「吉野天人」

シテ:林 宗一郎

ワキ:有松 遼一

間狂言:茂山 千五郎

後見:大槻 文藏 大槻 裕一 味方 團

会場
賀茂御祖神社(下鴨神社)舞殿 Shimogamo-jinja Shrine
料金
S席(正面指定席):¥10,000 A席前売(自由席):¥3,000 A席当日(自由席):¥3,500

*特別協賛席(神服殿・重要文化財)もございます。社務所にお問合わせください。

075-781-0010

*S席(正面指定席)の座席の指定はできません事、ご了承ください。

*屋外での上演となりますが、雨天決行といたします。

*会場へのアクセスはチラシの方をご確認ください。

 

<主催:下鴨神社糺能保存会>

皇太子殿下のご即位をお祝い申し上げ賀茂祭(葵祭)の後儀として、この度下鴨神社では「奉祝糺能」を開催します。

下鴨神社の糺の地は、中世来盛大に勧進猿楽が催された由緒ある場で、下鴨神社では平成27年の第34回式年遷宮の折、550年ぶりに「糺勧進能」を再興しました。

このたびは皇太子殿下のご即位を奉祝し新たな御代に祈りを捧げる寿ぎの能を薪能の趣向にてご鑑賞いただきます。

 

「神歌」
慶事に上演され、国家の安泰や五穀豊穣を祈念する「翁」。その一節を、謡と囃子による「居囃子」にて言祝ぎます。

「大典」
大正天皇の即位を祝して作られた能「大典」。永らく上演されていない曲目を、人間国宝・大槻文藏による仕舞にてご覧頂きます。

「吉野天人」
吉野山で花見をする人々の前に天人が現れて古の五節の舞を舞うという華やかな曲です。五節の舞は、ご即位にともなう大嘗祭で行われる豊明節会で舞われる舞で、その由来は、天武天皇が吉野で神女の舞をみて作ったともいわれています。
このたびの御即位をお祝いする心にてご覧いただきましたら幸いです。

この公演は終了いたしました。

能を知る

公演予定Performances scheduled

「京都観世会」、「林定期能楽会」が主催する年間定例公演の出演情報です。"Here is Soichiro's performance information on the regular performances hosted by various Nohgaku Associations
such as Kyoto Kanze Association and Hayashi Nohgaku Association."

上に戻る